家庭でできる!牛タンを使ったレシピ和洋中

牛タンレシピ

初めて友人にコストコに連れて行ってもらった時、牛タンの試食に感動してしまった。日本のスーパーで購入する牛タンよりもずっと厚みがあって柔らかいのだ。夫と二人暮らし、しかも二人共小食なのでそれほどお肉を消費できるわけではないのだけど、どうしてもこの牛タンを夫に食べてもらいたくて購入してしまった。

せっかくの美味しい牛タンだけど、ただ焼いて食べるだけではさすがに飽きてしまう。そこで普通に焼いて食べてもたくさん余ってしまったので、私なりにアレンジをしてみることにした。どうせなら和洋中でチャレンジしてみようと思う。

まずは和。牛タン100gを一口サイズに、こんにゃく、人参を短冊、ごぼうを薄切りにする(それぞれ3分の1ずつ)。水を沸騰させてカツオだしで具を煮て、沸騰したら灰汁を取り酒、みりん、砂糖(それぞれ大1)を投入する。最後に醤油(大2)を入れ、しばらく煮込んだら具と汁に分ける。あらかじめ水につけておいた米の水を切り、具をその上に乗せ、分量通りまで汁を入れる。
(参考:牛タンの鮮度の見分け方

炊飯器で炊いたら「牛タンの炊き込みご飯」の出来上がりだ。

そして洋。牛タン100gを一口サイズに切り、ズッキーニ1本を半月切りにする。フライパンにオリーブオイルを大3入れ熱したら、にんにくチューブ1cmを入れて香りが立つまで待つ。そこに牛タンとズッキーニを入れて炒める。塩コショウで味を調えたら「牛タンとズッキーニのガーリック炒め」の出来上がりだ。

そして中。うちの夫はレバーが苦手なので、レバーの代わりにタンを使ってみた。牛タン100gを一口サイズに切り、ニラを5cmの長さに切る。ごま油を熱し、牛タンとニラを炒める。あらかじめ混ぜておいた、オイスターソース(大1)、酒(大3)、砂糖(小1)、生姜チューブ2cmを投入する。しんなりするまで炒めたら「レバタン炒め」の出来上がりだ。

どれも家庭で簡単にできるので是非お試しあれ。